なぜ在籍確認なしで借りれる消費者金融があるのか?

消費者金融からお金を借りる時には審査が行われます。これはお金を貸し手も大丈夫であるかどうかを調べるためなのですが、その審査の際には職場への在籍確認のために電話をするのが一般的になっています。消費者金融では担保や保証人も無く手軽に借りる事が出来るという便利さはありますが、そうした便利さを保ったままある程度返済を問題なく行えるかどうかを調べるにはそれが手っ取り早くて信頼が出来ます。もしも電話をせずに自己申告だけでは嘘をついて働いていないのに働いているという事も簡単に出来てしまいますが、実際に職場に電話をするとなると偽るのは大変になるからです。
ただ、その一方で職場への電話連絡は利用者にとっては職場に借金がばれてしまうという可能性があり、不安要素の一つとなります。その不安要素を軽減するためにも通常は会社名を名乗らずに個人名で電話をする事で分からないように配慮はされています。
配慮されているとは言っても、会社名を名乗らなくても職場を電話をされる事自体が困るという人もいて、そうした人たちのために在籍確認の電話無しで借りれる消費者金融も存在しているのですが、それが可能なのはどうしてなのかというと、代わりに在籍している事を証明する書類の提出を行うからです。そのために在籍確認なしで借りられるというのは正しくは無く、電話以外の方法で確認をしているといった方が適切です。
全ての消費者金融が対応してくれるという訳では無いですが、職場への電話連絡は困るという人はそうした消費者金融を利用すると良いです。